【容量そのままでOK!】Macの容量不足でXcodeがダウンロードできない、を解決する方法

Swiftで開発を始めよう!ちょっと触ってみたいからまずはXcode!

と、普通はなるんですが、早速問題が発生。Mac App StoreでXcodeをダウンロードしようとしたら、コンピュータの容量が足りないと。

まじか、いろいろなソフトとか書類を消さなくちゃ、って焦りました。で、実際にMotion5(実際あまり使ってなかった)などを消したりしたものの、何度トライしても「容量不足」。一体、Xcodeをインストールするのに必要な容量はどれだけだ?と思って調べたら、容量を増やさなくてもダウンロードできる解決策にたどり着きました。

ズバリ「Apple Developer」のサイトからインストーラーをダウンロードする方法。Apple Developerの公式サイトには、App Storeからダウンロードできるものと同じものが置いてあります。

https://developer.apple.com/download/more/

こちらのWebサイトからダウンロードすれば、最低限の容量12GB程度があればインストールできます。

今回はその紹介です。

App StoreからXcodeをダウンロードするためには40GB以上必要!

App StoreのXcodeの情報を見てみると…

Xcodeの必要容量
App StoreでのXcodeの必要容量は11.6GB

となっていて、12GBくらい空きがあれば大丈夫だなあと思ってダウンロードを試みます(以前、Macを買ったばかりの頃に購入をしていましたので、「購入」ではなく雲マークになっています)。しかし、ダウンロードをしようとすると…

App Storeの容量不足
容量不足で購入ができない…

空き容量が足らないとの表示が。「購入を完了できませんでした。空き容量が足りないため、製品をインストールできません。」らしい。あれ?そんなに?12GBも空きがない?と思って「自分のMacについて」を見てみるも、20GBほど空きがあります。

https://developer.apple.com/forums/thread/27992

と、いろいろ調べていると、こんなサイトを見つけました(英語サイトですが)。実際に同じ現象で困っている人はたくさんいる感じ。ここを見ている限り、40GB〜42GBの空き容量がないとApp Storeからはインストールできない模様。

Apple Developers公式サイトへ行けばダウンロード可能!

解決策はズバリApple Developerの公式サイトに行くこと。

https://developer.apple.com/download/more/

同じアプリがApp Store経由でなくてもダウンロードすることができます。

Apple DeveloperサイトからXcodeをダウンロード
Xcodeの正式版もダウンロードできます

見ての通り、さまざまなアプリがあります。ここはApp Storeからダウンロードすることができないベータ版なども置かれています。僕がダウンロードした時の最新版は「Xcode 12.4」でした。12.5のベータ版も出ていますが、ここでは正式版をダウンロードします。

「Xcode 12.4 Release Candidate」をクリックするとダウンロードをすることができます。容量は11.66GBありますので、時間がある時にダウンロードの作業をしましょう。

Xip形式でダウンロードされるので、これを解凍してインストールをおこないます。XipファイルはSSDなどに入れたままでも解凍作業ができるので、容量が不足するようであればSSDに移してから解凍するなどうまくやってください。

Xipファイルとは、Mac OS向けの署名付き圧縮ファイル形式だそうです。Zipファイルの、Mac OS向けみたいなものか。

ということで、Swift Playgroundでのコード学習を終えてXcodeに移行したいと思います。

実際に作成したサンプルコードなども公開していこうと思っています。

Follow me!